ダブル発電に蓄電池を組み合わせたほうがいい?

ダブル発電に蓄電池を組み合わせたほうがいいかというと、組み合わせたほうが断然いいんです。

それはなぜかというと、今までは発電しても、その電力を溜めておくことができませんでした。

そのため、せっかく発電したのに無駄になっていた、ということがよくあります。

太陽光発電で発電しても、蓄電池がなければ、溜めておくことができないのです。

ですので、発電したら、その時に使うか、もしくは、売電するしかありませんでした。

太陽光発電だと、太陽のエネルギーを電力に変えるので、日中しか発電できません。

日中電力を使う人もいれば、仕事で自宅にいない人は、売電している人も多いでしょう。

ダブル発電を導入することで、発電量が増え、自宅で使える電力、売電できる電力が増えます。

せっかく上手く発電できるのに、無駄になる電力が出るって、勿体無く感じませんか?

無駄をなくすため、蓄電池をプラスすることで、無駄なく電力を使うことができるのです。

また、蓄電池があると、もし停電になっても大丈夫!

溜めておいた電力を使えるので、大変便利ですよね。

もし、ダブル発電を導入するのであれば、蓄電池も一緒にいかがでしょうか?

関連記事

Comments are closed.